2022年 3月 の投稿一覧

オンラインカジノの節税対策を考えよう

オンラインカジノにおいて多額の勝利金を手に入れた場合には、税金を支払う必要があります。
勝った金額よりも負けた金額が多く結局マイナスになっても、勝った分だけに課税がなされるため、腑に落ちない人も多いものです。
オンラインカジノにおいても節税対策がいくつか紹介されているため、これらをしっかりと把握することによって、違法性のない税金対策を行うことができるでしょう。

対策の1つ目には、オンラインカジノの勝利金を仮想通貨ウォレットに入れておくことです。
仮想通貨を入出金の手段にしているサイトも多いので、仮想通貨ウォレットに入れておきましょう。
オンラインカジノの利益に対し課税されるタイミングとしては、銀行口座に着金した際です。
このようなことから仮想通貨ウォレットに勝利金を送金した上で、そこから出金しなければ税金が発生する事は無いのです。
仮想通貨取引を行っているのであれば、ここで資金を管理しておくことも大きな節税対策の一つと言えるでしょう。
そして特別控除内で遊ぶことが1つに挙げられます。
一時所得には50万円の特別控除額が設定されていて、経費を差し引いた年間の利益が50万円を超えないようであれば、納税をする必要はありません。
税金を払いたくないと言う場合には、この特別控除内で遊ぶことを意識しましょう。
そして医療費控除は生命保険料控除などを利用することも一つです。
税金が発生した場合には、できるだけ多くの控除を活用した上で納税額を減らすことが求められます。
オンラインカジノにおいて大量の利益を得た場合には、税金を支払わなければなりませんが、万が一税を支払わなければ非常に大きなリスクが伴うことになるでしょう。
オンラインカジノの場合には、パチンコや競馬等と比べると記録が残りやすく、この点も理解しておかなければなりません。
近年では副業の一つとしてオンラインカジノをプレイしている人も増えていることから、プレイヤーはカジノ税金についてもしっかりと頭に入れておくことが重要です。

ボンズカジノの基本的な情報と現在

ボンズカジノは2020年に設立されたオンラインカジノの1つで、審査が厳しいことで知られるオランダ領のキュラソー島によって発行されたライセンスを取得している、正規のカジノです。
年数にすると僅か2年ほどの実績ですが、しかしに日本でも既に知名度を高め、信頼の獲得に至っています。
短期間のうちに信頼獲得に至った理由としては、ライセンスの信頼性もそうですが日本人向けの、地道なサービス提供の努力が当てはまります。
日本語対応は当たり前ですし、サポート対応の手厚さも評価されていますから、その真摯に日本人に向き合う姿勢が評価と信頼の獲得に至っているといえるでしょう。
ちなみにゲームは第三者機関の監査を受けるプロバイダー揃いですし、他のオンラインカジノでも採用されている、一流のゲームプロバイダーの名前が並びます。
大手ゲームプロバイダーのゲームを採用していることもポイントですが、幅広く多くのゲームプロバイダーを採用することによって、提供ゲームの幅を広げているところも見逃せないです。
つまりボンズカジノはジャンルやカテゴリだけでなく、ゲーム性やスタイルの違いを含めて、色々なゲームが沢山楽しめるオンラインカジノというわけです。
入出金方法にはクレジットカードや電子決済サービス、仮想通貨までありますし、勿論銀行送金にも対応しているので便利です。
クレジットカードの利用はカード会社が認めないとサービスを提供できませんが、主要なブランドのカードが使えるということはつまり、ボンズカジノは認められていることを意味します。
後発のボンズカジノは新しい取り組みにも積極的で、例えば仮想通貨で遊べるゲームの提供もその1つです。
一方では日本円で遊べるというメリットもありますから、ドル換算などが不要で計算しやすいのが魅力です。
極めつけは決済手数料無料で、1日あたりの出金回数が少なければ、手数料を気にせずに獲得した勝利金が引き出せることから、このお得もまたボンズカジノがおすすめ理由となります。

カジノシークレットの入金・出金方法について

2018年に誕生したカジノシークレットは、出金条件が設けられていないボーナスや、ゲームに負けても受け取れるキャッシュバックシステム、無料で参加できるトーナメントといった魅力があるオンラインカジノです。
キュラソー政府が発行するライセンスを取得しているので信頼性に問題はなく、日本語でのサポート体制も整っているので日本人プレイヤーでも遊びやすい環境が整っています。

このような特徴があるカジノシークレットですが、銀行送金・クレジットカード・電子決済サービスでの入出金に対応しています。
銀行送金が可能なのはネットバンクがある銀行で、手数料無料で決済可能です。入金限度額は最低額が50ドル、最高額が10,000ドルで、出金限度額は1回(1週間)あたり最低100ドル、最高10,000ドル、1か月の限度額は50,000ドルまでとなっています。

クレジットカードは、VISA・MasterCard・JCB・AmericanExpress・ダイナーズクラブに対応しており、1回あたりの最低入金額は20ドル、最高入金額は2,000ドル(AmericanExpressは600ドル)です。
なお、クレジットカードは500ドル未満の入金では1.7%(最大5ドル)の手数料が発生するので注意が必要です。

電子決済サービスは、ecoPayz・iWallet・Venus Point・Much Betterに対応しています。
最低入金額は20ドル、最高入金額は10,000ドル(iWalletは5,000ドル)で、手数料は発生しません。出金については、1回(1週間)あたり最低出金額が20ドル、最高出金額が10,000ドル(iWalletは5,000ドル)、1か月の限度額は50,000ドル(iWalletは20,000ドル)までに設定されています。

なお、カジノシークレットでは出金するために本人確認が必要です。本人確認は一度済ませれば良いので、早めに行っておきましょう。