オンラインカジノの節税対策を考えよう

オンラインカジノにおいて多額の勝利金を手に入れた場合には、税金を支払う必要があります。
勝った金額よりも負けた金額が多く結局マイナスになっても、勝った分だけに課税がなされるため、腑に落ちない人も多いものです。
オンラインカジノにおいても節税対策がいくつか紹介されているため、これらをしっかりと把握することによって、違法性のない税金対策を行うことができるでしょう。

対策の1つ目には、オンラインカジノの勝利金を仮想通貨ウォレットに入れておくことです。
仮想通貨を入出金の手段にしているサイトも多いので、仮想通貨ウォレットに入れておきましょう。
オンラインカジノの利益に対し課税されるタイミングとしては、銀行口座に着金した際です。
このようなことから仮想通貨ウォレットに勝利金を送金した上で、そこから出金しなければ税金が発生する事は無いのです。
仮想通貨取引を行っているのであれば、ここで資金を管理しておくことも大きな節税対策の一つと言えるでしょう。
そして特別控除内で遊ぶことが1つに挙げられます。
一時所得には50万円の特別控除額が設定されていて、経費を差し引いた年間の利益が50万円を超えないようであれば、納税をする必要はありません。
税金を払いたくないと言う場合には、この特別控除内で遊ぶことを意識しましょう。
そして医療費控除は生命保険料控除などを利用することも一つです。
税金が発生した場合には、できるだけ多くの控除を活用した上で納税額を減らすことが求められます。
オンラインカジノにおいて大量の利益を得た場合には、税金を支払わなければなりませんが、万が一税を支払わなければ非常に大きなリスクが伴うことになるでしょう。
オンラインカジノの場合には、パチンコや競馬等と比べると記録が残りやすく、この点も理解しておかなければなりません。
近年では副業の一つとしてオンラインカジノをプレイしている人も増えていることから、プレイヤーはカジノ税金についてもしっかりと頭に入れておくことが重要です。

SNSでもご購読できます。